スタッフブログ
2017.06.02 Fri

まいしゅう、清原#3【木村聡志さんに密着の巻】

全国のゆうプランニングファンの皆さん、こんにちは。   入社して2ヶ月。 すでに引き出しには数種のお菓子をストックしています。 新入社員の清原です。   咳をしたスタッフに飴を差し出したエピソードがネットニュースで話題になっていたガッキーに憧れ、 度あるごとにみなさんへチョコレートを薦めてみるも「いや、俺は要らないかな」と断られています。   そんな今日この頃。 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。   今回から、ゆうプランニングの先輩方お一人お一人に密着し、 業界や会社について知っていきたいと思っています。   重要なお一人目はこのお方。 私の教育係を務めてくださっているアカウントプランナーの木村聡志さんです。 最初は厳しい方だと思っていましたが、生意気な私を激励してくださる優しい先輩です。 今日は、ある打合せに同行させていただいている道中よりお届けします。 DSC_6811   ①「広告とは〇〇である」とひとことで言ってください。 あれじゃない?ラブレターじゃない?(笑) (私の大学卒業研究のテーマをなぜか把握してくださっている聡志さん。) 〇〇である、とは言い切れないんだけど、人の心を動かすもの、であってほしいかなと思います。   ②新人の頃の思い出を教えてください。 骨折で入院しました。 入社1ヶ月でヒビが入ってその後も無理していたんですが、とうとうボキッといって。 革靴に慣れていなかったのかなと思います。   ③当時のご自分、もしくは清原にアドバイスをお願いします。 会社や社会というものを深く理解した方がいいと言いたいです。 意識が行動を変えるとよく言うけど、行動が変わるまで1年ぐらいかかりました。 1日でも早く社会人としての自覚を持ってスタートラインに立てていたら、 今の自分もまた違ったのかなと。   ④今後のゆうプラをこうしたい!ゆうプラでこうしたい!という目標などはありますか? 全員で何かひとつのものをつくりたいです 全員が良い!と思える企画ができたらいいですよね。   ⑤あなたはゆうプラの誰のファンですか? Wゆうこ(中川さん・木場さん)です(即答) 二人とも年上なのに、同じ目線で話してくれる優しいところが好きです。 そのうえ、かわいい。   ⑥では、その木場裕子さんにキャッチフレーズをつけてください。 『世界一女の子』 女の子中の女の子って感じがします。   ⑦最後に、そんな木場さんへリクエストをどうぞ! 木場さんの手料理が食べたいです!   DSC_68022 木村聡志さん、ありがとうございました。   次回は、「世界一女の子」木場裕子さんに密着します。   以上、 【広告代理店の営業たるもの いろいろな意味で骨を折ることも必要!】 と学んだ清原でした。  

カテゴリー: スタッフブログ | 投稿日: 2017月06年02日 | 投稿者: 編集

お問合せ・ご相談受付
CALENDER
2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
スタッフ写真PICK UP STAFF
399 views
  1. HOME
  2. 公式ブログ
  3. スタッフブログ
  4. まいしゅう、清原#3【木村聡志さんに密着の巻】
▲  PAGETOP
x

私が書きました

blogadmin
blogadmin