スタッフブログ
2018.09.20 Thu

ホロ山仁史の ホロホロほろ酔い放浪記 第1話

初めましての人は、初めまして。



ゆうプランニング制作部の羽山仁史



改めて、ホロ山仁史です。





人間誰しも、自分の味覚が喜ぶ瞬間に幸せを感じますよね。



ご存知の通り、味覚を刺激する「美味しい」感覚は



三大欲求の一つ「食欲」を満たす重要な感覚です。



普段の食事で感じる味覚は馴染みがあり、



落ち着く感覚を得ることができます。



ですが新しい味覚ほど、新鮮な感動と相まって



より刺激の高い「美味しい」を感じることができます。





このブログでは、



よく仕事終わり「美味しい」を



独りで探し求めて彷徨う私、ホロ山が



独断と偏見で「美味しい」お店をご紹介します。





ここまで読んでみて、



「このホロ山って人は、さぞグルメなんだろう」



と、思われた方。



ホロ山はグルメではございません。





否、偏食家の類!!





例えば、トンカツ屋によっては



ゴマをすり鉢ですり、ソースを作るお店があると思いますが



私は一人暮らしで偏った食生活に陥りがちなため



より多くの栄養分を摂取しようと考え



ここぞとばかりにすりゴマを作り、



申し訳程度のソースでなじませ



特製ゴマペーストを制作します。



IMG_4671



怪しい男性が黙々と大量のゴマをゴリゴリとするわけですから。



店員さんもそりゃあドン引き。ごめんなさい。



このペーストを揚げたてのカツに乗せて食べると、



う~ん、セサミン。



ゴマの香ばしさが飽和している。



※1人での食事のみの行動です。



きっと詳しい方ならわかるかもしれませんが



効率悪くて貧乏な事を、と思うでしょう。



しかし、全ては自己満足なのですから



私が美味しいと感覚すればそれでいいのです。



そんな私の味覚に興味のある方は



安心してこのまま読み進められてください。



記念すべき第1回目はこちらのお店



02653



「食堂 ままかり」さん!



こちらのお店は季節の食材を使用した和食料理の居酒屋。



一品一品丁寧に作られる料理たち。揃いのいいお酒たち。



私もすっかり虜です。



仕事終わりはやっぱりビールかなぁ。



と、思いましたがここはハイボールで。



プリン体を気にするにはまだ早いでしょうか。



いえいえ、ここでのチョイスには理由があるんです。



それについては後ほど。早速お通しもきました。



02634



さて、プライベートタイムの始まりです。





今回のお通しは



チンゲンサイときのこのお浸し。



02635



実は、きのこが苦手な私ですが



最近食べられるようになってきました。



うん、どうでもいいですねっ☆



チンゲンサイときのこをバランスよく箸で掴み



いざ、一口。



ゴマが香り、直後に感じるはやさしい出汁。



噛むとこれがまた面白い。



それぞれの繊維感が非常に楽しい。



チンゲンサイ、きのこ両者のシャキシャキ。



弾む歯茎。リズム刻む顎。はしゃぐ歯たち。



繊維の多様性を感じる一品でした。





最初に注文したのは刺身3種盛り。



02637



では、左から順にご紹介を。



トップバッター、秋刀魚。



旬も迫り脂ののったこちらは、生姜と共にいただきます。



臭みを考慮した薬味の生姜と思いきや



鮮度がいいのか臭みもなく、



完璧なアクセントを担っています。





続いて、秋鯖。



「秋鯖嫁に食わすな」なんてフレーズ



思いついた方も多いことでしょう。



せっかくの旬の味覚



私はこんな美味しい鯖を伴侶に食わせたい。



いないから今ここにいるんだったなぁ(遠い目)。



くぅ~、まろやかな脂が舌と心に染みます。





最後は変化球に、鯛の昆布締め。



口に含んだ瞬間から舌に絡みつき



耳元で「ぬっとり…。」と囁く色っぽい鯛。



ほのかに鼻奥に纏わる昆布の香り。



噛めば噛むほど広がる旨味。



思わず私も口元がほころぶ。



個人的には山葵だけでいただくと



甘みをハッキリ感じられて面白かったです。





ああ、感覚が喜んでいる。



脳内劇場で陶酔している間に運ばれてきたのは



個人的ここの目玉の、





02640



ままかりオリジナル 鳥唐揚げ!(ババーン!



このためのハイボールだったんだよ!!



と言わんばかりにジョッキを仰ぎ



口内揚物受入体制を万全に切り替えます。



ご苦労だ、ハイボール。いい仕事だったぞ。



ホロ山、温泉と唐揚げの国出身でありまして



唐揚げの味にはうるさい方だと思っていますが



ここの唐揚げは凄まじいんですよ。



もちろん、骨つきなのも加点対象。





そうそう、一人飲みの醍醐味をやっちゃいましょう。



許可なくレモンを、でりゃああああああ!



02648



よしよし、それでは一口。



こ、この圧倒的生姜感んんんんんんm!!!!



そうだよ!この生姜の香りなんだよっ!



ニンニクよりもはるかに生姜を知覚できる!



カリ、ジュワッ、ジンジャーーーーーッ!



すかさず、ハイッボーーーーーーールッ!



うまい!止まらない!



見事だ、ハイボール!



私の母の口癖を引用するなら



「鶏の翼が生えて飛んでいけそうっ!!!」



ハイカラ イズ 正義(ジャスティスッ!!!





02651



あ、ああぁぁ…ぁ……終わってしまったぁ…。



↑はたから見ると普通に唐揚げ食べ終えてます。



ご安心ください、全ては脳内劇場のみの公演です。





さて、ハイボールもちょうど飲み終えお会計。



ああ大変喜ばしい。この感覚が活力に変わる。



今度はどんな美味しさを感じましょうか。





と、いうわけで



今回ご紹介した「食堂 ままかり」さんの情報はこちら。



https://www.hotpepper.jp/strJ001049978/



気になった方は是非足を運ばれてみてください。



次回の更新は二週間後の予定です。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



こんな私の一人飲みの様子を覗いていただけることが嬉しいです。



それでは、また次回をお楽しみに。





ホロ山

カテゴリー: スタッフブログ | 投稿日: 2018月09年20日 | 投稿者: 編集

お問合せ・ご相談受付
CALENDER
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
スタッフ写真PICK UP STAFF
140 views
  1. HOME
  2. 公式ブログ
  3. スタッフブログ
  4. ホロ山仁史の ホロホロほろ酔い放浪記 第1話
▲  PAGETOP
x

私が書きました

羽山 仁史
羽山 仁史