スタッフブログ
2019.10.31 Thu

さよなら、人類 (その2)

『さよなら、人類』~スウェーデンの映画

原題/En duva satt pa en gren 

英訳/A pigeon sat on a breach reflecting on existence

和訳/鳩は存在を反映して、枝に座った

 

スウェーデン出身の監督ロイ・アンダーソンの「人間であることに関する三部作」の最終章としてつくられた作品である。

 

プロローグとして「3つの死との出会い」から始まる

死との出会い その1

奥の台所で夕食の支度をする妻らしき女性の後ろ姿を背景に、ぼーっと立っている夫らしい太った男が、

ワインを飲むためだろうか、栓を抜こうとするが、なかなか抜けない。股に挟んだり、足で抑えたり。

やがて苦しくなって、心臓を押さえながら床に倒れて、あえなく死んでしまう。

死との出会い その2

病院。老いたママは臨終のときを迎えようしている。長男と長女がうなだれて座っている。

そこへ次男らしい男性がやってくる。ベッドに横たわるママは、寝ながら大きなバッグを両手でしっかり握っている。

バッグには宝石、金時計、結婚指輪やカフスが入っている。車を売った7万クローナの現金も入っていると次男が言う。

次男は「ママ、バッグは天国まで持って行けないよ」言ってバッグを取り上げようとするが、ママはカラスのような泣き声をあげて、抵抗する。

死との出会い その3

どうやら客船のレストランらしい。レジの横で男性が横たわっている。正確には死んでいる。

乗務員が寄り添い、船長のような人が、対処の方法を指示していると、

レジ係の女性が「これをどうしますか?」と船長さんに示す。死んだ男性が注文したシュリンプ・サンドとビールであった。

「いい質問だ。二度売ることはできないので、だれかにあげよう」と答える。レジ係は、お客に、声を掛ける。

すると太った老人がビールを貰う。

 

ここから本編が始まるという映画。

 

サムとヨナタンという二人のセールスマンが、「人を楽しませる」3種類の面白グッズを売り歩いている。

ロングセラーの「吸血鬼の歯」、古典的な商品「笑い袋」、イチ押しの新製品「歯抜けオヤジ」。

それを売り歩く(ただし全然売れない)なかで出会う様々な人類との物語だ。

北欧らしい沈鬱な空気感とそれに寄り添う音楽、悲惨な現実を、感情を抜き取って描く表現力は、奇妙にユーモラスでさえある。

固定されたカメラアングル、計算しつくされた登場人物の表情や言葉づかいなど、針に糸を通すような世界観は、

天才と呼ばれた監督に特有のものだと思う。なぜかピーテル・フリューゲルの絵画を思い起こさせた。

 

第71回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞(グランプリ)を受賞している。是非ご覧ください。

カテゴリー: スタッフブログ | 投稿日: 2019月10年31日 | 投稿者: 編集

お問合せ・ご相談受付
CALENDER
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
スタッフ写真PICK UP STAFF
30 views
  1. HOME
  2. 公式ブログ
  3. スタッフブログ
  4. さよなら、人類 (その2)
▲  PAGETOP
x

私が書きました

木村 正夫
木村 正夫