コラム
2020.11.16 Mon 地方で広がる副業人材の活用

地方で広がる副業人材の活用

多様な働き方が広がる中、企業の間で、社員の副業解禁が進んでいます。一方、地方では、少子高齢化や専門的な人材不足など、採用に課題を抱える中小企業も多いといいます。新型コロナウイルスの影響もあり、副業は増加傾向に。今回は、広がりを見せる副業・兼業について取り上げます。

 

■2018年は「副業元年」

2017年3月に政府が定めた「働き方改革実行計画」では、「柔軟な働き方がしやすい環境整備」として、テレワークや副業・兼業の推進を掲げました。これを受けて、2018年に厚生労働省が副業・兼業の促進に関するガイドラインを作成(2020年9月改定)。同時にモデル就業規則を改定し、副業・兼業について規定を新設。2018年は「副業元年」と呼ばれました。

 

 

■副業・兼業のメリットと留意点

副業・兼業は、働く人と企業それぞれにメリットと留意すべき点があります。 

 

【労働者】

メリット
① 離職せずに別の仕事に就くことができる。スキルや経験を得ることで、主体的にキャリアを形成できる。

② 本業の所得を活かして、自分がやりたいことに挑戦でき、自己実現を追求できる。

③ 所得が増加する。

④ リスクの小さい形で将来の起業・転職に向けた準備・試行ができる。

 

留意点
① 就業時間が長くなる可能性があるため、自分で就業時間や健康管理も必要。
② 職務専念義務、秘密保持義務、競業避止義務を意識することが必要。
③ 1週間の所定労働時間が短い業務を複数行う場合には、雇用保険等の適用がない場合がある。

 

【企業】

メリット
① 労働者が社内では得られない知識・スキルを獲得できる。
② 労働者の自律性・自主性を促すことができる。
③ 優秀な人材の獲得・流出の防止ができ、競争力が向上。
④ 労働者が社外から新たな知識・情報や人脈を入れることで、事業機会の拡大につながる。

 

留意点
必要な就業時間の把握・管理や健康管理への対応、職務専念義務、秘密保持義務、競業避止義務をどう確保するかという懸念への対応が必要。

 

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」では、「副業・兼業は、社会全体としてみれば、オープンイノベーションや起業の手段としても有効であり、都市部の人材を地方でも活かすという観点から地方創生にも資する面もあると考えられる」と指摘しています。

※厚生労働省「副業・兼業の促進に関するガイドライン」参照
※ 厚生労働省のページはこちら。 副業・兼業

 421468_s


■副業希望者も副業容認企業も増加 

 

総務省統計局の「平成 29 年就業構造基本調査」(平成30年7月)によると、働く人のうち、副業を行っている人は4.0%で、平成 24 年に比べ 0.4 ポイント上昇。現在の仕事を続けながら他の仕事をしたいと考える人は6.4%で、平成 24 年に比べ 0.7 ポイント上昇していました。

 

副業希望者グラフ

出典:総務省「平成 29 年就業構造基本調査 」

 

リクルートキャリアの「兼業・副業に対する企業の意識調査(2019)」では、社員への兼業・副業について認めている企業(推進+容認)は30.9%。前回調査(2018年)の28.8%より2.1ポイント上昇。社員の副業を認める企業が増えています。

 

■コロナの影響で副業が増加

新型コロナウイルスの感染拡大後、副業を始める人がさらに増加。収入の減少や、テレワークで通勤時間がなくなり、時間に余裕が生まれたことなども影響しているようです。企業では、副業解禁とともに、副業人材を採用する動きも広がっています。

 

■都市部人材が地方で活躍

政府は、地方創生を目指す第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の中で、副業・兼業で週末に地域の企業・NPO で働くなど、その地域や地域の人々に多様な形で関わる「関係人口」を地域の力にしていくことを目指すとしています。また、地域での人材不足に対して、多様な形態での人材マッチング支援を進めています。

 

東京など都市部では、地方での副業を考える人が増加。収入だけではなく、地域貢献やスキルアップの機会を求める人材も多いといいます。地方企業による副業人材の募集も増加傾向に。都市部の副業人材と地域企業を結ぶマッチングサービスも登場しています。

 

3714305_s

 

■副業マッチングプラットフォーム「Skill Shift」

Skill Shift(スキルシフト)」は、地方の中小企業に都市部の人材活用を提案する副業マッチングプラットフォームです。求人は、マーケティングや販売促進、商品企画、経営企画など、企画業務に限定。地方の中小企業に、副業という新しい人材活用を提案します。

 

当社は、新規事業開発に向けて、同サービスで副業人材を募集。1週間で約20人もの応募があり、通常の求人では出会えないようなキャリアの方たちから応募いただきました。

 

同時に、「Skill Shift」運営会社と業務提携を開始。熊本はじめ地方企業の副業人材活用をサポートします。

詳しくはこちら。 ➡ スキルシフトと業務提携

 

■「副業人材活用セミナー」開催

人材採用に課題を抱える熊本の企業に向けて、「新規事業開発のための副業人材活用セミナー」を企画しました。12月11日(金)開催予定です。

日時 12月11日(金) 18:30〜20:30
場所 国際交流会館 4階 第1会議室
 
 お問い合わせはお気軽にどうぞ。 

カテゴリー: コラム | 投稿日: 2020月11年16日 | 投稿者: 編集

お問合せ・ご相談受付
CALENDER
2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
スタッフ写真PICK UP STAFF
229 views
  1. HOME
  2. 公式ブログ
  3. コラム
  4. 地方で広がる副業人材の活用
▲  PAGETOP
x

私が書きました

野口祥子
野口祥子