コラム
2021.03.18 Thu パンフレット制作、押さえておきたい5つのポイント

パンフレット制作、押さえておきたい5つのポイント

 

「この商品を知ってほしい」「会社や事業について紹介したい」そんなときに、あると便利なパンフレット。でも、いざ作るとなると、何から始めればよいのか戸惑う方もいるのでは。そこで、、パンフレットを作るとき、押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

紙を用いた広報物の種類

 

紙を用いた広報物には、パンフレットのほかに、リーフレットやチラシなどがあります。目的や使用方法、予算などを考慮し、どの形態がふさわしいかを選びましょう。

 

■パンフレット

複数の紙をとじて作ります。会社案内や商品紹介、学校案内など、長く読まれることを前提として用いられます。 

01

04

久玉保育園様パンフレット

 

 

■リーフレット
1枚の紙に印刷し、二つ折りや三つ折りにして使います。折り曲げることでページを作り、冊子状にしています。パンフレットより情報量は少なくなりますが、制作費を抑えられます。

 

01

リーフレット

富士子ベーコン様リーフレット

 

 

■チラシ・フライヤー
1枚の紙に印刷されたもので、小型のものや厚手の用紙を使ったものは「フライヤー」とも呼ばれます。チラシは折り込み広告やポスティングに、フライヤーはイベントや店頭での配布に利用されることが多いです。

 

チラシ

檜吉工務店様チラシ

 

 

パンフレット制作のポイント

 

まずは目的やターゲットを整理するところから始めましょう。場合によっては、Webサイトやチラシのほうが効果的な場合もあります。しっかり検討してふさわしい広報物は何か見極めたうえで、どんなパンフレットを作るのか考えましょう。

 

■目的    
何のためにつくるのか、どんな成果を挙げたいのか、目的を考えます。「営業先で商品紹介に使いたい」「採用説明会で学生に配りたい」など、具体的な目的を定めましょう。

 

 

■ターゲット
どのような人を対象にするのか、ターゲットを明確にします。学生向け、ファミリー向けなど、ターゲットによって、内容やデザインも変わります。

 

4181396_s

 

■内容・構成
どんな情報をどのような順番で掲載するのか決めていきます。たとえば会社案内を作る場合は、取引先向けには商品紹介やお客様の声を、就職活動中の学生向けには先輩社員のインタビューを掲載します。目的やターゲットによってふさわしい内容は異なります。

 

■サイズ・デザイン
パンフレットの印象を大きく左右するデザイン。女性向けならばバッグに入りやすい小ぶりのもの、自然素材を使った商品ならばやさしい印象のデザインに。レジ横に置くならば小型のものが、ラックに入れて使用する場合はA4サイズが便利です。用途やターゲットに合わせて、サイズやデザイン、使用する用紙などを検討します。

 

■予算・部数・納期
予算に合わせ、ページ数や部数、素材などを検討します。印刷や搬入に必要な日数も把握し、納期に合わせて制作スケジュールを管理します。

 

4151500_s

 

今回はパンフレットについて取り上げましたが、リーフレットやチラシの場合も、制作のポイントは大きく変わりません。

 

思わず持ち帰りたくなるような表紙やデザイン、知りたいことや興味深い情報。パンフレットは見た目の良さも中身の充実もどちらも大切です。

 

制作事例集無料ダウンロード

当社が制作したパンフレットやリーフレットの事例をまとめた資料をご用意しました。無料でダウンロードできますので、パンフレットづくりの参考にご活用ください。

ご希望の方は以下をクリックしてください。

パンフレット制作事例集ダウンロード

 

お問い合わせやご相談はお気軽にどうぞ。

 

お問い合わせ

カテゴリー: コラム | 投稿日: 2021年03月18日 | 投稿者: 編集

お問合せ・ご相談受付
CALENDER
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
スタッフ写真PICK UP STAFF
104 views
  1. HOME
  2. 公式ブログ
  3. コラム
  4. パンフレット制作、押さえておきたい5つのポイント
▲  PAGETOP
x

私が書きました

野口祥子
野口祥子