先輩社員の声

ゆうプランニングで働く先輩社員の声をご紹介します。

仕事の内容、やりがい、未来の後輩へのメッセージなどを聞きました。

企画営業職(アカウントプランナー)/入社5年目

常に新しいことに チャレンジできる。

企画営業職(アカウントプランナー)
入社5年目 R.S

仕事内容について

広告会社の営業職は、決められたものを売るわけではありません。担当するお客様の経営課題を聞き、広告を通して寄り添う相談相手のような存在です。
広告というとテレビ CM や新聞広告、折り込みチラシ、そんなイメージがあると思います が、実際にはパンフレットや Web サイト、動画など、幅広い分野を扱います。お客様の課題に対して、ふさわしい手段を考え提案します。
会社の理念にあるように、「広告を通して地域に貢献」できる仕事です。入社して間もなく5年になりますが、いまだに初めて取り組むことも多く、常に新しいことにチャレンジできる環境です。

仕事のやりがい

最初は自分が手がけたものが形になり、世に出ることに喜びを感じました。取材や撮影をし、 デザインして、お客様の思いや関わったみんなの思いが一つになることがうれしかったです。
経験を重ねるにつれて、できあがったものが誰にどのように届くかを意識するようになり ました。そのためには、お客様の言われるままにするのではなく、お客様と対等に接し、第三者の目線で考えるのも大事です。良い広告をつくり、しっかり届けることを心がけています。

仕事の難しさ

仕事内容は幅広く、自分の好きなことや興味のある業務だけをするわけにはいきません。新規営業に行く場合もあれば、校正作業や事務作業も行います。お客様の課題を引き出すヒアリング力も必要です。あまり詳しくない分野を担当することもあります。
アカウントプランナーとしてさまざまな業務に関わるため、忍耐も必要な仕事です。行き詰まることもありますが、いろいろな可能性を考えると、解決策が見えてきます。

入社の決め手

前職は飲食業で昼夜逆転した生活で、子どもが生まれ、転職を考えるようになりました。 県外で働いていましたが、熊本地震がきっかけで、地元に戻ることを考えていたとき、友人の紹介で当社を知りました。
広告営業の経験はありませんでしたが、社会人経験があったため、重要なお客様を引き継ぎ担当しました。同じ企画や広告手段でも、クライアントによってつくるものは違います。 広告についての知識ゼロからのスタートでしたが、仕事を通して経験を積み、学んでいきました。

働く魅力

好きなことばかりはできないと言いましたが、好きなことへのチャレンジは可能です。興味のある分野や業種に営業もできるし、Web、CM、パンフなど、自分の得意分野を見つけて 取り組み、自分なりの営業スタイルを築けます。
ノルマはなく、自主目標を立てて取り組みます。目先の数字に追われるのではなく、じっく りと時間をかけてお客様と向き合えます。また、社内に制作部があり、それぞれの分野のプロがいます。外部の協力会社も含め、一つの案件をチームみんなでつくり上げていきます。

昨年から、新型コロナウイルスの影響で、リモートワークが進み、営業も在宅勤務と出勤を組み合わせて働けるようになりました。渋滞するなか出社する必要がなく、朝礼や会議もリモートで参加でき、働きやすくなりました。以前は平日休みの職場だったので、土日の休みがうれしいです。有給休暇も取りやすいので、子どもの学校行事などで利用しています。

Message

思っていた仕事と違ったり、やりたいことができなかったり、壁にぶつかることは絶対あります。 やりたいことだけするわけにはいかず、理想と現実は違います。しかし、やらされる仕事だけでもありません。
自分の好きな案件、興味のある仕事を見出し、作り出せる営業スタイルです。決まったものだけ売る営業をしたい人は合わないと思いますが、やりがいを自分なりに見つけ出せます。 会社もそれを応援してくれます。

お客様とのコミュニケーション係、広告のアドバイザーみたいなイメージでしょうか。話すのが上手でなくても、コミュニケーションをとるのが好きな人、人と話すのが好きな人は向いていると思います。社風もアットホームで、働きやすい環境です。