テストマーケティングにも活用される「クラウドファンディング」。熊本市の補助にも注目!

「クラウドファンディング」とは、インターネット経由で不特定多数の人々から資金を集めることをいいます。クラウド(群衆)とファンディング(資金調達)を組み合わせた造語です。

金融機関などを通さずスピーディーに資金を集めることができ、新たな資金調達の手段として注目されています。2000年代のアメリカで始まり、日本では2011年にサービスがスタートしました。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには、以下のような種類があります。

  • 購入型
    プロジェクト達成後、出資者は商品やサービスの提供を受けます。
  • 寄付型 
    出資者(支援者)が見返りを求めず、お金を寄付する仕組み。被災地支援などにも用いられます。
  • 投資型
    出資者が投資した金額に応じた配当や株式が発行されます。

他に、事業者が仲介し、融資によるリターン(利息)を受け取る「融資型」、自治体がふるさと納税によって寄付を集める「ふるさと納税型」などがあります。

クラウドファンディングでできること

クラウドファンディングというと、以前は「寄付」や「資金調達」といったイメージが強かったかもしれませんが、多様な目的での利用も増えています。

  • 必要な資金の調達
  • テストマーケティング
  • PR
  • 新規顧客・ファン作り
  • 実績作り
  • 在庫リスクの軽減

事業者によって、得意ジャンルや手数料なども異なります。

クラウドファンディングでプロジェクトを実施するには、企画やプロジェクトページの作成、SNS等での告知や拡散など、さまざまな準備が必要です。資金が集まらない、アイデア流出などのリスクもあり、注意が必要です。


熊本市の補助金がスタート

熊本市では、「熊本市新事業挑戦クラウドファンディング活用補助金」の募集を行っています。
募集は令和4年12月23日まで(予算到達次第、終了)。

熊本市内で創業及び新規事業へ挑戦する際の資金調達や商品・サービスのマーケティングを支援する補助金です。

詳しくはこちら 

クラウドファンディングの手数料、プロジェクトページ作成費用、広報活動費などの経費が補助対象です。


当社でもプロジェクトページ作成や広報活動のサポートが可能です。
見積もり作成なども、ご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。