ECサイトの種類/熊本市がEC展開事業を支援

新たな販路拡大を目指し、ECサイト(ネットショップ)の開設を検討される方が増えています。

今回は、ECサイトの主な種類についてご紹介します。

ECサイトの種類

ECサイトにはいくつか種類がありますが、大きくモール型と自社サイト型に分けられます。

■モール型

ショッピングモールのように、複数の店舗が集まっているECサイト。

例=楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなど

■自社サイト型

独自にECサイトを作り運営。

ASPの例=BASE、STORES、MakeShop、カラーミーショップなど

モール型とASPの特徴

今回は、多くの事業者が利用するモール型とASP型を比較します。

■モール型

  • モールが提供するシステムを利用し、決済もモールが代行。
  • モールが用意したひな型を利用してショップを作成。
  • 独自サイトに比べブランディングが難しい。
  • 出店料や手数料等が必要、ASP型よりもコストがかかることが多い。
  • 集客力や知名度、信頼性が高い。
  • モール内で同業他社との競合や価格競争などが起きる場合がある。
  • セキュリティが高い。

■ASP型

  • クラウド上でECサイトを構築するため、レンタルサーバーが不要。
  • 用意されたフォーマットなどを利用してショップを作成できる。
  • モールに比べてデザインや機能を自由に設定できる。
  • 無料で利用できるASPサービスがあり、有料の場合も手数料や費用が
    モールに比べて安価なことが多い。低コストで手軽に始められる。
  • 顧客情報を取得できる。自社で個人情報の管理が必要。

まとめ

モール型とASP型にはそれぞれメリット・デメリットがあります。
セキュリティの高い場で運営したい、市場規模が大きなところで販路拡大を目指したい場合はモール型が良いでしょう。独自に顧客情報を収集しマーケティングを行いたい、コストを抑えたい場合は、ASP型が向いています。

モール型と自社サイト型、両方にショップを設ける事業者や、複数のモールに出店する事業者もあります。
目的やターゲット、今後の展望に合わせて、ふさわしいサービスを選ぶことが必要です。


「熊本市EC展開支援事業補助金」募集中

熊本市では、熊本市内に本社または主たる事業所がある小規模企業者、中小企業者等が実施するEC(電子商取引)展開事業に対し、必要な経費の一部を補助しています。

既存のECモール等の販売ページやECサイトを周知するための広告宣伝費も対象。

既にECモールに出店していても、別のECモールに出店する又は新たに自社のECサイトを構築する取組は対象です。同様に、既に公開しているECサイトがあっても、新たにECモールへ出店する取組も対象となります。

募集期間は令和5年(2023年)1月31日(火)まで。(予算額に達し次第、募集を終了)

詳しくはこちら


当社でもECサイト構築のサポートをしています。
ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。